未分類

戸建てを売る時は時間をかけすぎないこと

戸建てを売る時は、築年数を考える必要があります。
新築よりも中古の方が評価額が小さくなる傾向にあるため、少しでも有利な金額を目指すなら、早めに売った方がいいでしょう。

今は簡単に家の査定額がネットでわかります。
不動産査定24時

もう少し待てば戸建てを高く売れると言われても、築年数が長くならないうちに売る方がいいかもしれません。
少しでも高い金額で売りたくなりますが、売り時を逃すと買い手が見つからないこともあります。
また、築年数が長くなることで買い手が減ることも珍しくありません。
そのため、早く売ることを優先した方がいいでしょう。
早く売ることを優先しすぎて価格が低くなるのはよくないため、相場よりもよい価格なら決断するといいかもしれません。
待っていると評価額が下がることも頭に入れながら、売るタイミングを考えましょう。
早めに売ることを考えつつ、相手には早く売りたいことを気付かれないようにしてください。
売買はタイミングが大事なので、気に入った相手に売るのもいいかもしれません。

今現在101坪の戸建てに住んでいますが、売り時は老後になるだろうと考えています。

私は現在44歳の独身のため、このまま年齢を重ねると年をとった時面倒をみてもらう人がいないため、どこか安い老人ホームにでも入居しようと考えています。

その頃は年金制度もどうなっているのか分からないため、今から老後に備えた貯蓄をしています。もちろん施設に入居ということになると、土地家屋は売却ということになりますが、いずれにせよ体が効かなくなるか車の運転が出来なくなった時ということになります。おそらくこの調子でいくとこの町は土地の評価額が上がる可能性が高いです。

土地は101坪と割と広いので、ある程度まとまった売却金額になるだろうと考えています。その売却金額と貯蓄と年金でなんとか老後は暮らしていけると思います。

人によっては住み慣れた家で老後を送りたいとお考えの方も多いと思いますが、私は特に今現在の家に愛着は持っていません。が、老後の一人暮らしはさぞ寂しい生活になると予想されます。いずれにしても売り時は70歳を過ぎてからと考えています。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !